たまに抜くならパツキン風俗娘

たまに抜くならパツキン風俗娘

投稿日:2015年4月8日 カテゴリ:イチオシの風俗体験談

デリの真髄は何かと言いますと、色々な女の子と裸のお付き合いが出来るという点に尽きます。これはまさに男の夢でありまして、それが簡単に実現してしまうのが風俗ということになります。多くの男たちが例えばデリに情熱を注ぐのは、夢は叶うと気付いたからでしょうね。今日はギャル系、明日は人妻、週末は女王様と、よりどりみどりです。私もそんな感じで遊んでいるのですが、先日は珍しくアメリカンパツキン娘とハッスルしました。馴染みの風俗に新規入店して人気になっていまして、ようやく予約が取れたのです。豊満なボディとパワフルな腰使いに圧倒されまくり、カタコトの日本語で合図を出すと一気にザーメンを抜かれてしまいました。1番感動したのはクリトリスを舌で突くと、イエス!イエス!と反応したことです。洋ピンで見た光景そのままで、ああやって喘ぐのは本当だったのですね。ちなみにイク時は、アイムゴーイング!とは言わなくて、単にウッ!っと潮を吹いていました。